タイに新たな研究開発(R&D)拠点。トップブランドとして、その次は?

2016 . 12 . 27 / Tue

NEWS

タイ農家を長年に渡り支援 次の一手はASEAN地域を視野に タイに新たな研究開発(R&D)拠点。トップブランドとして、その次は?

文:クボタプレス編集部

いまから36年前。クボタがタイ王室系のサイアムセメントグループと合弁企業を設立し、タイでエンジン製造を始めたのは1980年のことでした。以来、農業機械化の牽引役となってタイの農家を全面的に支援し続け、エンジンや油圧機器の製造から販売・サービスまで一貫した“モノづくりと人づくりの現地化”を確立。「サイアムクボタコーポレーション(SKC)」は、タイにおける農業機械のリーディング企業に成長しました。

そして今回、クボタはSKCに新たな研究開発(R&D)拠点を新設しました。

開所式の様子。
開所式の様子。(左から)SKC副社長・木村浩人、SKC社長・川上寛、クボタ社長・木股昌俊、サイアムセメントグループ インベストメント社長・チャワリット・エカブット氏、SKC副社長 オパート ・タンワーンショーン

事業のグローバル化にともない、クボタはいま、基幹技術に関わる日本国内での研究開発とともに、世界各地でその地域のニーズにマッチした製品開発や技術力の強化に力を注いでいます。

今回タイに新設したR&D拠点が目指すのは、成長を続けるASEAN地域で農業機械のラインナップを強化し、スピーディーに市場へ投入することによる事業拡大です。

クボタのR&D業務では、現地に赴き、自らの目で、市場で求められるものを探求する「現場主義」を重視しています。新R&D拠点をベースに、成長を続けるアジア新興国にこれまで以上に深く密着。現地の作物や圃場条件、作業体系に適した農業機械の研究開発を、現場主義で積極的に推し進めていきます。

施設概要[施設概要]
 施設名:Kubota Research & Development Asia
 設立:平成28年5月
 設立場所:タイSKC本社近隣(ナワナコン工業団地内)
 投資額:約20億円(6.2億バーツ 換算レート:3.2円/バーツ)

SHARE

カテゴリ人気記事ランキング TOP5

ページトップへ戻る