もちもち食感がクセになる! 「玄米パスタ」で美味しいグルテンフリー生活

2016 . 12 . 27 / Tue

NEWS

熊本県産米を100%使用
農家の震災復興を”食べて応援”
もちもち食感がクセになる! 「玄米パスタ」で美味しいグルテンフリー生活

文:クボタプレス編集部

コメの年間消費量が減少するなか、日本のコメをひとりでも多くの方々に食べていただき、農家を元気にしたい一一。

そんな思いをこめて熊本県菊池郡の中九州クボタが製造している、熊本県産米100%のグルテンフリー「玄米パスタ」が、新たに近畿地区のダイエー78店舗で販売を開始しました。

グルテンフリーとは、小麦や大麦などの麦類に含まれるたんぱく質の一種=グルテンが入っていないという意味。アメリカでの大ブームが日本にも上陸し、ここ数年、小麦アレルギーの方はもちろんのこと、ヘルシーな食生活を志向する方などから大人気。グルテンフリーの「玄米パスタ」は、独自の製法によってペースト状にした玄米が原料で、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養成分を豊富に含んでいます。

見た目は普通のパスタそっくりな玄米パスタ。グルテンフリーで栄養豊富です
見た目は普通のパスタそっくりな玄米パスタ。グルテンフリーで栄養豊富です
玄米をペースト状にしたもの。これが玄米パスタの原料に
玄米をペースト状にしたもの。これが玄米パスタの原料に

中九州クボタは、創業以来50年の間、農業機械の販売を通じて農作業の効率化と農業の発展に貢献してきました。しかし、コメの年間消費量は、日本人の食スタイルの洋風化などを背景に、年々少なくなってきているのが実情。

そこで、コメの消費拡大を促進して農家の支援につなげることを目指し、中九州クボタは独自製法で作る玄米ペーストを使ったパンの製造・販売を2013年に開始。さらに今年3月からは、「玄米パスタ」の製造をスタート。そんな矢先に起きたのが、今年4月の熊本地震でした。

玄米パスタ
玄米パスタ
 

熊本県産のコメを100%使った「玄米パスタ」を、みなさんにおいしく食べていただくことが、熊本地震で大きな被害を受けた農家への支援にもつながるーー。そんな思いをこめたクボタグループの取り組みに、過去に阪神・淡路大震災で甚大な被害を受け、地域とともに復興に取り組んだダイエーが賛同。今回の、「玄米パスタ」が初めて大手スーパーで販売されるという新展開へとつながりました。

販売開始は2016年11月18日。ダイエーの近畿地区78店舗(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県※一部店舗を除く)でご購入いただけます。

SHARE

カテゴリ人気記事ランキング TOP5

ページトップへ戻る